新車のガラスコーティングを行うメリット

ガラスコーティングで定期的なメンテナンス
車の塗装は何層にもわたって、塗装されています。しかし、この塗装は様々な環境下において日々劣化していきます。例えば、太陽光による紫外線や雨、花粉や黄砂、鳥のフンや虫の死骸といったものは、全て塗装を痛める要因です。その為、年数が経つにつれ徐々に劣化し、塗装は痛み、艶はなくなっていきます。

そこで、この劣化をおさえる為には、コーティングがお勧めです。ひとえにコーティングと言っても、ポリマーコーティング、ガラスコーティング、はたまたワックスなど多岐にわたり、販売されています。その中でも、特にお勧めなのがガラスコーティングです。ガラスコーティングはその名の通り、珪素が主成分でその硬度が硬いのが特徴です。

そして、何よりガラスコーティングには犠牲被膜の役割があります。犠牲被膜は塗装を痛める要因である太陽光や雨、季節柄である花粉や黄砂、駐車中における鳥のフンや、高速道路などでよくフロントバンパーにつく虫の死骸といったものから、ガラスコーティング層自体が犠牲となって、塗装面を守ります。そして、ガラスコーティングは硬度が硬いので、走行風によるキズからも守ってくれます。また、塗装面にうっすら入った傷もガラスコーティングによる層が形成されるため、キズも埋まり艶も戻るのが特徴です。

その為、中古車を購入した場合や新車購入後、年数が経ってから施工といった場合にも、お勧めです。中古車や新車購入後、数年後に施工と言った場合は、新車時に近い状態に塗装面をコーティングする事が出来るのも、人気の理由となっています。そして、中古車や経年劣化車だけではなく新車時にもガラスコーティングはお勧めです。何故なら、新車時は塗装面がとてもきれいな状態の車両が多く、ガラスコーティングを施工するにはお勧めの状態です。新車時は傷も少なく、ウォータースポットといったシミも少ない事から、施工条件はとても良いです。

また、良い状態の上で施工なので、下地処理を必要とする場合も少なく、施工料金も安くなる傾向があります。なんといっても、新車時の状態でガラスコーティングを行う事で、新車時の状態をそのまま維持できるという事です。また、状態の良い条件で施工する事で、施工したガラスコーティングの持続性も高く、長期的にみても良い状態を維持しやすくなります。ただし、カー用品店など市販で販売されているガラスコーティングより、プロショップでガラスコーティングを行った方がお勧めです。これは、市販のガラスコーティングは、比較的持続性が短く、こまめなメンテナンスが必要となってきます。

新車時の良い状態で施工したとしても、短期間の間に何度も施工をしなければならず、状態によってはガラスコーティングの効果がない状態が生まれてしまうかもしれません。せっかくの新車なので、新車時の輝きを維持する為にも、プロショップにて施工し長期的に持続するガラスコーティングがお勧めです。そして、新車時にガラスコーティングを施工した際、年数が経っても劣化度合いは低く、再施工の際も良い状態で施工しやすいのも新車時の特権と言えます。

ただし、ガラスコーティングも一度施工したからノーメンテナンスといったわけではなく、犠牲被膜である以上、外的要因によってコーティングは痛んできますので、定期的なメンテナンスが必要です。

ガラスコーティングをしたから安心しきって、メンテナンスを怠ると知らず知らずの間に劣化し、塗装面にまで影響が到達してしまう場合もありますので、その点には注意が必要です。これを踏まえ、新車時に施工するガラスコーティングは、車の塗装面をしっかりと保護する事が出来、また長い間、新車時の艶を維持し、綺麗な状態で長く乗る事が出来るので、お勧めです。

愛車の外観を左右する塗装のコンディションをなるべく長期間、新車同様に維持する為にも必要なのは、塗装表面をがっちりとした構造の皮膜で覆い、塗装の経年劣化の原因となる外気の温湿度の急激な変化、日照による強烈な紫外線、そして常に外部から飛んで来て付着してくる様々な汚れや埃から徹底的に護ってあげなければなりません。

長期的な展望で見て、それをなるべく少ない施工回数で満足ゆくレベルを達成するには、洗車やカーワックスの塗布といった小手先の対策程度では通用せず、結局のところガラスやポリマーといったカーコーティングがベストという結論に落ち着きます。
そして肝心なのはそれらの施工をスタートするタイミング。

多くの人は、新車を購入したらとりあえずはその雰囲気やドライブを一通り楽しみ、しばらくして外装に傷や劣化が少々目立ち始めた頃になってようやくカーコーティングの重要性に気付き、施工を検討するパターンが多いものです。

もちろんそのタイミングでカーコーティングを施しても、その後のカーライフにおける洗車上の手間の省略や外観の維持といったメリットは生まれてくるものですが、それを決断するまでに蓄積されてしまった塗装の劣化に関してはどうしても挽回する事は出来ず、後から「こんなに効果的であるのが分かっていたら、もっと早い段階で施工を決断していたのに…」と後悔するパターンは多いのです。

言うまでも無くカーコーティングはなるべく愛車の塗装がフレッシュなうちに施工してしまうのが有利に違い無く、その点新車購入直後のタイミングで行う新車カーコーティングは極めて理想的な方法なのです。

施工を行うか行わないか、その最初の分岐点となり得るのはおそらく新車購入の契約時でしょう。ディーラーの担当から新車購入オプションとして、新車カーコーティングのメリットと提案を受ける筈なのですが、多くの人は新車そのものの契約に浮かれてしまい、余程の車好きでも無い限り、納車後すぐには効果が現れ難い新車カーコーティングの決断までには至らないものなのです。

またディーラーが施す新車カーコーティングは相性もバッチリ、純正と言っても過言ではないコーティング剤を用いる為信頼性は高いのですが、その一方工賃やコーティング剤そのものの値段は割高となり易く、これもまた新車カーコーティングを一瞬躊躇してしまう原因の一つとなっているものです。

新車購入の検討を進める中で既に新車に早目にコーティングを施す有利さに気付いていれば、コストダウンを第一に考える人であれば、次なる選択肢としていかにその施工をリーズナブルに信頼性を確保しつつ行えるか、という条件に基づき施工してくれる業者を探す事になるでしょう。

前述の通り、新車を購入するディーラーで新車カーコーティングまで施してしまえばその後の手間も消え信頼性も確保されますが、その一方コストが若干掛かるのは致し方ありません。ただその段階で、購入直後に愛車を施工に持ち込める専業店をピックアップし予約しておけば、よりリーズナブルに新車カーコーティングを完了させる事が出来る筈です。

もちろんカーコーティング程度であれば多少のコストアップは目をつぶっても、スムーズな施工と支払いが出来るディーラーに任せてしまった方がマシ、という人もいるでしょう。

結局のところ、自分がカーコーティングに対しどれだけの知識と評価材料を持ち合わせているかによって、施工を依頼するベストチョイスは変わってくるものです。まだ知識や評価材料を持ち合わせていなければディーラーの新車カーコーティングでも十分満足出来るでしょうし、既に何度か愛車を買い替え、その中でディーラーの施工に不満を持つ様になれば、別途信頼の置ける専業者を探した方が幸せになれるに違いありません。

それらは自らのカーライフやその中で蓄積されるノウハウによって変わってくるもの。つまり初心者や愛車とのライトな付き合いを求める人であれば、ディーラーの新車コーティングで特に不満は出てこないでしょう。

PR|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|SEOアクセスアップ相互リンク集|貯蓄|GetMoney|JALカード育毛剤RANKERSエステサロン看護師求人|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|英語上達の秘訣shinyslut.infoで相互リンク Seo-P-link Ver3.5全身脱毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です