地方の生活には車が必須

若者の車離れが顕著になってきているという話題を見かけることがありますが、地方在住者からすれば車離れといった考えはあり得ないと思ってしまいます。
交通の便が発達している都心の方などなら車も不要なのでしょうけれど、地方ですと生活が成り立たないです。車離れをしたら非常に大変であり、大げさでもなく車があってこその人生とすら感じています。ですから地方では車が一人に一台という家庭は珍しくないですし、「車離れって一体なんだ?、一体どうやって生活するの?」と思ってしまいます。車にこだわってクルマ離れを軽減。ラッピングフィルムやラバーディップは車離れ軽減に貢献です。
もし車がなかったらとにかく大変なことが多いですが、一番心配なのは仕事に行けるかどうかでです。公共の移動手段も使えなくはないものの、自転車とバス、電車をそれぞれ乗り継いで行くことになるのは避けられません。しかもその間にはそれなりに歩くことにもなりますから片道でかなりの労力を使うでしょうね。
そう考えると車があることによって快適に生活ができていますし、車は便利でなくてはならない存在です。

我が家は5年前に愛車を買い替えました。昔から憧れであったブランドに買い替えるために多少お金も貯めていましたので非常に充実した買い替えでした。
今でもその乗り心地には満足していますが何よりも記憶に残っているのはディーラーでの納車時のエピソードです。
家族4人でディーラーに出かけて納車の手続きを済まそうと思ったのですが、突然クローズのスペースに案内されてなんとそこには不審者が舞っていました。さらに幕が上がるとリラのスタッフ全員が拍手で出迎えてくれるのです。納車おめでとうございますと言う責任者の掛け声のもと花束も渡されました。
子供たちには記念品も渡され愛車の際私が受け取ることになります。もちろん高価な買い物なのでそれなりのエピソードは作ってくれるのは当たり前かと思いますがこれほどまでに感動的なイベントをディーラーで体験できるとは思ってもいませんでした。
今でもそのディーラーには車検を始めすべてをお願いすることにしています。音響設備の検討も始めました。カーセキュリティーとセットでカーオーディオを検討です。

現代では車はなくてはならない存在になっています。東京などの他の交通機関が発達している都市であれば必要ないこともありますが現在では1家に1台では不便であり1人に1台の時代です。多くの人が運転免許を取得してあらゆる場所はいかにも車を利用します。買い物なども車で行く事が出来れば荷物が多くても短時間で目的地に行く事が出来ます。さらに地方では車の必要性が高く商業施設にいくまでに車で行かないと行かない距離にあったりと地方の方ほど車に乗る機会は多いと思います。東京などの都内の電車や地下鉄、バスなどの交通機関が発達している場所でも道路には車が多く行き交っています。さらに天候にもあまり左右されないという魅力があります。台風の日や蒸し暑い日でも車に乗ってしまえば天候に関係なく快適に過ごし、移動が可能になります。車は便利なもので目的地にストレスを感じなく着くことが可能ですが、車を維持するためのランニングコストなどを考えて購入する事が良いです。